« 連れ去り事件の悲しい結末。 | Main | でっぷりしてきた? »

September 05, 2006

幸せへ。

百代ちゃん連れ去り事件の少し前、わたしはある出来事を目にしました。
それは、ここに記していいものか悩むくらいの衝撃的な出来事で。

とても辛く悲しいものです。

でもやっぱり書くことにしました。

詳細は、三重県の山中で、ひとりの女性が小型犬の繁殖をしていたそうです。
その人が何ヶ月も入院して100匹もの犬が、そのままになっていると、
wan lifeさんというボランティアに連絡が入り、すぐに保護に向かったそうです。
聞けば、他のブリーダーさんが50匹は預かったそうですが、
残った53匹の犬たちは、明日をも知れない命で、
そこはまるで、地獄絵図のようだったそうです。
その時の様子が写真にもあり、目を覆いたくなるものばかりです。

わたしも日に何度も、そのページに訪れ、
その後のわんこたちの状況が気がかりで、
何もできないながら、見てきました。

無理な繁殖で、腰の骨もボロボロで立つこともままならない子や、
歯がない子、白内障で失明してしまった子、皮膚病、
治療中の子は、まだまだいるそうです。
そんな中、里親様決定のお知らせには、
うれしくて泣いてしまいました。
特に失明してしまった2匹のこのおうちが先に決まって、ほんとにうれしくて、
その2匹の里親様が群馬の方で、和歌山までお迎えに行ったと聞き、
出勤前に大泣きでした。
化粧もボロボロだし…。

群馬も広いけど、どこかで会えたらいいなぁ。とか、
うっすら思ってしまった自分がいたり。
きっとどんなわんこにも幸せになる権利はあると思います。
今まで悲しい環境で辛いわんこにもステキなご家族なもとへ…。
いちばん幸せなわんこになって欲しいです。

wanlifeさまはこちらです。

|

« 連れ去り事件の悲しい結末。 | Main | でっぷりしてきた? »

Comments

百代ちゃんの事件も物凄く悲しい事件でしたが。私も以前テレビで悪徳繁殖業者から助け出された沢山の犬の事を見たことがあります。
目が見えない子、カルシウム不足で顎の骨が小さくなってしまった子など沢山いました。
今回保護されたワンちゃん達が新しい家族と幸せになることを願っています。
一昨日不思議な事が、パピをお風呂に入れたので、自然乾燥の為散歩に出ました、我が家は国道沿いにあり、ちょうど信号待ちの車から犬の鳴き声がするので見てみたら、パピヨンでそれもパピにそっくり。
血統書でパピには弟と妹がいるのは分かってるので。そのどちらかだったのかなあなどと考えています。
家のパピアイスと焼き芋が大好き、この前は生のサツマイモに喜んでました、何でこんなに芋好きになったんだろう。

Posted by: ふくろう | September 05, 2006 08:40 PM

ふくろうさん、こんばんは。
今日は雨降りです。

わたしも以前悪徳繁殖者のテレビを見たことがあります。
ほんとに悲惨でした。
ブームの影にこんなことがあるなんて…。
これからは幸せになって欲しいです。

パピちゃんの兄妹かな?
てんの妹は訳あってパートのおばさんのうちにいるんです~。
やっぱり、てんよりはちっちゃいらしいデス;;;
そろそろ石焼いもやさんの季節♪
てんも焼き芋やさんが大好きなので大喜びするとおもいます。

Posted by: たまき | September 06, 2006 07:18 PM

The comments to this entry are closed.

« 連れ去り事件の悲しい結末。 | Main | でっぷりしてきた? »