« てんちゃんピンチ! | Main | よろしく相棒! »

March 20, 2006

功名が辻 第十一話「仏法の敵」

や、やっぱり!!
一豊さまは「千代千代」叫びながら帰ってきた!!
恥かしげもなく(笑)


小りんに助けられた一豊さま。
正直に話します。
「千代」って言っちゃったら、もう最後。
小りんまで「千代」と呼ぶ始末デス。
「わたしがいなければ水も飲めない」って!
く、口移しで?と突っ込みました。
でも一豊にとって、小りんが命の恩人になりました。
千代が一豊に助けられたように。
千代たん、ちょっと複雑…。
小りんがいなければ、一豊さまは生きてないわけだし…。
「ソバメをお連れ下さい。」とか言っちゃう。
そんな千代たんに一豊さまは、
ツルッ!
ドテン!!
な訳です。うーまーいー
そして、駆け寄る千代に、
「千代だけおればいい」と。
やっと笑顔が戻る千代たんですが、わたしはけっこう複雑です。
遊んでおいてなー…。
まぁ、生きていなければ、
功名の種もないし…。
なんつーか…。
イキテテヨカッタネ!
これからも小りんは妖しさ120%ですが。
千代たんがそれでいいのならまぁ~…いいか…。
そして、あ!チュー間に家来が増えた一豊さまですが…。
なかなか、遠距離夫婦でのんびり夫婦の時間がありません。
疲れ果てたきっつぁん、新右衛門、新一郎。
そしてぼそっと
「千代に会いたい」と一豊さま。
うぉラブラブ!
そっか~会いたいのは千代なのか~。なんなら会わせてあげたいよv
そのころ千代たんは、ネネさまからじへいを預かり、読み書きを教えます。
みるみる吸収のじへい。
個人的には「だきゃー」とかかわいいvv
のちの秀秋(成宮くんですね)です。
今度は、一豊さまに槍を教わります。ほほえましいなぁ。

一方エキセントリック信長ですが、かなり狂気入ってきました。
女子供も切って捨てぃ!みたいな。
あれだけ信長に意見していた光秀がいちばん忠実にその命をやってのけました。
秀吉はそれだけはできなかった…。
いくら親方さまの命令でも。
ためらう部下の者達を違う場所に向かわせて。
女子供に逃げるように叫びました。
うるうる。涙出たー。
したがっていい命としたがわなくていい命があると…。
判断できる秀吉はエライ。
でも光秀には城が与えられました。
光秀はマインドコントロールされてるのでしょうか?
いたたまれない。かわいそうだなぁ。

そんな戦場で、地獄絵図を見てきた一豊さまの震えは止まりません。
千代たんは一豊さまと一緒に地獄に落ちる決意を話しました。
千代たんがいれば大丈夫でしょ?なんて心強い。
信長と一緒に地獄に落ちる人なんているのでしょうか?
濃さんにも「人の道を外れ」とか言われて。
桶狭間で置いてきた人の道…。
人は神にはなれないのに…。
なんだか、淋しい人です。

三谷義昭がおもしろいヨー。

|

« てんちゃんピンチ! | Main | よろしく相棒! »

Comments

The comments to this entry are closed.