« パン買いに。 | Main | くつろぎ? »

February 28, 2006

功名が辻 第八話「命懸けの功名」

ひゃー!!
だんなさまの綺麗なお顔に矢が!?
傷口、あっとゆー間にグロいグロい。
至近距離から放たれた矢に思わず目を背けてしまったよ(先端恐怖症)。
かわいそうに一豊さま、うまくしゃべれません…。
きちべえに顔を踏んで矢を抜けと。
あわあわ。
思わず、だっこしてたなるたんをぎゅっとしてしまった。
あたふた。
主のお顔を踏むなんてーと新衛門は大泣き。
でもこのままではいかんときちべえが意を決して抜きにかかります。
矢はとても深いご様子…そりゃあの至近距離だもん。
抜くときの掛け声が
「ちょーーーー!!(千代ーーーー!!)BYきっつぁん」に聞こえた!!
ねぇ聞こえた?
聞こえたよ~。多分わたしだけではないハズ。

一豊さまは千代たんで出来ています。
ほとんど言葉が千代たんの受け売り。です。
「だんなさまは戦火の折、日に何度もお方さまの名を口にしますなぁ」
「それはわしが千代にゾッコンだからじゃ」
といわんばかりに。
そんな妻一筋・一豊さまも次週は浮気を!?
千代たんが心配してるというのに!!ばちあたりめ!!!
しかも、こりんかわいーでないの!忍びには見えん。

六ちゃんが
「誰の味方でもない。千代を守る」って言い切りましたサ!!
はぁ~…ため息・ときめき・クラクラしました。
そんなこと言われてみたいもの…で・す・ね。
一豊さまが千代でできてるなら、
六ちゃんは千代の為に生きている。と思いました。
そして、半兵衛さまは千代の幸せを願ってるvvv
素敵な方々です。半兵衛さまのお加減はもうよろしいのかしら?

グロいといえば、三谷さん演じる足利義昭。
なに?なに?なにー?
義昭ってば、男色家なの?ドキドキ。
三谷さん、演技うますぎ。
ほんっっっと気持ち悪い!!
気持ち悪すぎて笑っちゃう

追い詰められた長政は、家を選んでしまって。
お市さまも板ばさみでかわいそう。
婚礼前、あんなに不安で泣いていたお市さまは、
すっかり長政殿に想いを寄せる妻になっていました。
でも信長のことも捨てられない。
あたりまえ。
長政がお家を捨てられないように、
お市さまも…。同じ想いなんだろうなぁと…。
戦神ではなく、生身の人間としての兄・信長を…。
この兄妹、切ないお話になりそうです。

でも次週のタイトルは「初めての浮気」…。
きっつぁんや、新衛門はいったい何をボケボケしておるのだ。
ったくぅ。

|

« パン買いに。 | Main | くつろぎ? »

Comments

The comments to this entry are closed.