« お嬢~v | Main | 温泉5を語るなら。 »

February 22, 2005

ごくせん 第6話

今回で残すトコロ、4回ですか…。
全10話って「みじかっ」て感じですネ。
前回みたく、延長とかってならないかなぁ。
って仲間さん、7月から堤監督とのタッグでドラマ(フジ)があるとかって、
小耳にはさんだのですが、ホントかな?
大河もあるし、大変ですネ。

赤西くんもサラリーマン役だそうで~◎


さて!第6話は日向くんです。
ヤンクミの実家が隼人と竜にばれてしまいました。
ミノルの所為で(笑)!
ん?いや…元をたどれば。
ヤンクミが桃女の九条先生との飲み会があると
テツとミノルに言わなかったら、
ミノルはひとりでおでんやに行かなかったと思いまス…。ハイ;
テツはお嬢を追いかけちゃうし。
ミノルの繰り出すパンチはかわいかったvvv
そして!!
お財布を拾ったことで、ミノル、竜、隼人との運命の出会い(?)
ここからはもうダイスキ♪
「お嬢」に反応するふたりと大江戸一家に着いて、
「ぼくたち」と言っちゃう竜がかわいかったし、
お嬢がヤンクミってわかって面食らうふたりもかわいかった。
でもいちばんかわいかったのは、大江戸一家の劇団員(爆)でした◎
もう、笑い堪えるのに必死だったヨ~vほとんど堪えてないですケド…。
とくに若松vミノルもいい味だしてた~vとにかく大満足!でした。

竜も隼人もヤンクミを見る目がちょっと優しく映ったような気がします。

猿渡教頭との掛け合いもあいかわらずで、
「やまっ、ばばっ?」
「ども」
がおもしろかったですvvv

日向もイロイロ大変でしたが、
ほんとに大満足な1時間でした◎
視聴率は27.3%!驚異的!!

|

« お嬢~v | Main | 温泉5を語るなら。 »

Comments

The comments to this entry are closed.